【幼児の造形遊び】保育園や幼稚園で使える はさみの導入活動②

保育園や幼稚園で幼児の造形遊びにぴったりのはさみの導入活動をご紹介します。

 

誰もが知っているライオンを題材に、初めてはさみを経験する子が楽しみながら取り組めますよ。

 

今回は前回紹介した内容をやや発展させた活動となります。

【幼児の造形遊び】保育園や幼稚園で使える はさみの導入活動①

 

この遊びで得られる経験

  • 折り紙を折る経験が身につく
  • はさみを扱う経験が身につく
  • クレヨンを使った絵を描くことができる

 

用意する材料

  1. 折り紙・・・1枚

 

スポンサーリンク

用意する道具

  1. はさみ
  2. クレヨン

 

あわせて読みたい記事

使用する道具はこちらのページで詳しくご紹介しています。

 

ライオンの作り方【図解】

【 1 】好きな色の折り紙を用意する

今回の題材がライオンですので、最初はライオンに使いたい好きな色の折り紙を用意します。

今回はオレンジ色を用意してみました。

 

 

用意した折り紙を縦に半分折りします。

 

 

 

【 2 】半分に折った折り紙から丸の形を切り取る

次に半分に切った折り紙に丸を描きます。

描くといっても半円です。

 

これは紙を開いた時に丸になっている不思議を子どもたちに知ってもらうためです。

 

 

半円を描いたら線に沿ってはさみで切ります。

 

 

きれいに切り離すことができました。

 

 

きれいに切り離すことができたら、折り紙を開きます。

この時、円になっている不思議と驚きを子どもたちと共有することがポイントです。

 

 

【 3 】クレヨンで好きなライオンの表情を描き込む

円を切ることができたら、今度はクレヨンで折り紙に好きなようにライオンの表情を描き込みます。

 

この時ライオンのたてがみも描いてあげると、より本物らしさが表現できますよ。

子どもがたてがみの存在に気がつけるような声をかけてあげるといいと思います。

 

 

【 4 】表情を描き入れたら、はさみで切り込みを入れる

折り紙にクレヨンで表情を描き入れることができたら、最後にはさみでライオンのたてがみを入れていきます。

 

 

今回の活動のねらいは「はさみの使い方に慣れる」ということです。

子どもたちには遠慮なくはさみで紙を切ってもらいましょう。

 

 

たてがみを切ることができたら完成です。

 

 

今回ご紹介した遊びは、前回ご紹介したライオンの造形あそびの応用編です。

 

ですがやはり制作の工程自体はとても短いためすぐにできると思います。

たくさん切っていると子どもはすこしずつはさみに慣れていくと思うので、2枚目3枚目を切ることができるように折り紙はやや多めに用意しておきましょう。

 

スポンサーリンク

作り方のポイント

今回のライオンの活動をするにあたり、ぜひはさみの持ち方は子ども全員と押さえましょう。

なぜなら今回の活動は「はさみを使うことに慣れる」という部分をねらっているからです。

 

活動するにあたり、子どもに正しいはさみの持ち方を指導をぜひしてあげてくださいね。

 

遊び方

この活動の楽しいところは、ハサミでたくさん切り込みを入れられるところです。

はさみに慣れてくると紙をたくさん切りたがる子どもも出てくると思いますので、予備の折り紙を用意しておくといいですよ。

 

その時は使う折り紙の色を変えてあげると、変化がついて子どもでも楽しめると思います。