【新聞紙で折り紙】幼児の遊びに最適!簡単なカバンやバッグの作り方

幼稚園や保育園で子どもに大人気!

新聞紙を使ったカバン(バック)の作り方をご紹介します。

 

作ったカバンはお店屋さんごっこなどの遊びにも応用することができます。

 

用意する材料

  1. 新聞紙・・・1枚
  2. リボンひも・・・1本

 

用意する道具

  1. はさみ
  2. セロハンテープ

 

スポンサーリンク

新聞紙バッグの作り方【図解】

【 1 】新聞紙帽子を作る

それでは新聞紙バッグを作ってみましょう。

 

新聞紙バッグは新聞紙帽子を応用した作品です。

まずは下準備として新聞紙帽子を作ります。

 

【新聞紙で折り紙】幼児のごっこ遊びに最適!簡単な帽子の作り方

 

新聞紙帽子が完成しました。

 

 

新聞紙帽子が完成したら次の工程に進みます。

 

【 2 】リボンひもで持ち手を作る

次にリボンひもを使って持ち手を作ります。

 

 

作りたいバッグに合わせて持ち手の長さを決めます。

今回は20cmの長さにしてみました。

 

 

長さが決まったら、同じ長さのものを2本用意します。

2本用意したら新聞紙帽子にセロハンテープで貼っていきます。

 

リボンひもを貼るところは帽子の口が開く方です。

 

 

リボンひもは両面に貼ります。

 

 

【 3 】最後に間口の確認をして完成

取っ手になるリボンを貼ったら、最後にバッグの間口を開いて確認します。

 

 

開いた際にリボンひもが邪魔にならないようであれば完成です。

もし持ち手のひもが引っかかるようでしたら、持ち手を貼る位置を変えて調節してみてください。

 

作り方のポイント

新聞紙バッグは新聞紙1枚と取っ手になるひもがあれば簡単に作ることができる点がポイントです。

5歳児(年長児)くらいになれば、作り方を教えてあげれば一人でも作ることができると思います。

 

もし遊んでいる途中で形が崩れてきそうだったら、セロハンテープなどで補強してあげるといいですよ。

 

スポンサーリンク

遊び方

完成したバッグはお店屋さんごっこなどのごっこ遊びで大活躍します。

作ったバッグに好きな色を塗ったり、模様を描いたりするとオリジナルバッグになります。

 

子どもといろいろな楽しみ方で遊んでみてくださいね!