【簡単 折り紙】こどもの日に大活躍!かっこいい兜の折り方

園生活にも慣れてきた5月に向けて、保育園や幼稚園の子どもでも簡単に作れる兜飾りの作り方をご紹介します。

 

工程がやや多いですが、4歳~5歳くらいの年齢であれば楽しんで作ることができるはず!

新聞紙など大きな紙で作れば身に付けて遊ぶことだってできちゃいます。

 

用意する材料

  1. 折り紙セット

 

用意する道具

特にありません。

 

スポンサーリンク

兜の折り方【図解】

【1】好きな色の折り紙を用意

それでは作ってみましょう。

まずは好きな色の折り紙を1枚用意します。

 

今回は水色の折り紙を使って作りたいと思います。

 

 

【2】折り紙を裏にして折り始めよう

折り紙を裏にして、最初は三角に折ります。

 

 

 

三角に折ったら、両端を中央の山に向かうように谷折りします。

 

 

 

両方の角を谷折りできたら、180度くるりと回転させます。

 

 

折り紙を回転させたら、手前でペロンと出ている部分を上に折り曲げます。

谷折りです。

 

 

 

【3】兜の飾り部分を作る

谷折りができたら、いよいよ兜の飾り部分を作っていきます。

 

上に出ているアンテナ部分を手前に斜め谷折りします。

 

 

 

谷折りができました。

ここまでできたら完成まであとすこし!

 

兜飾りの部分を折ったら、今度は兜の下部分を上に折り曲げていきます。

 

折り曲げる幅は特に決まっていませんので好みで折り曲げてください。

私は4回折り曲げられるようにしました。

 

まず1回目の折り込みです。

 

 

2回目の折り込みです。

 

 

3回目の折り込みです。

 

 

そして4回目の折り込みです。

兜らしい形になってきました。

 

 

表側を折り込んだら、今度は裏側も同じように折っていきます。

私は表側と同じく4回折りました。

 

 

1回目の折り込み。

 

 

2回目の折り込み。

 

 

3回目の折り込み。

 

 

そして最後、4回目の折り込みです。

 

 

【4】兜の形を整えて完成

ここまでできたら兜の内側を指で広げて全体の形を整えます。

 

 

兜の形を整えたら完成です。

 

 

作り方のポイント

すこし細かく折るところがあるので、折り紙の経験が浅い子にとってはやや難しい作品かもしれません。

 

その時は大人が寄り添って一緒に作ってあげるか、すでに折り方を覚えた子どもに手伝ってもらってください。

手伝いをお願いされた子どもは張り切って教えてくれると思います。

 

一般的な「15cm × 15cm 」の折り紙だと、兜が小さくなるので折り紙初心者の子どもにはやや難しいかもしれません。

そんな時は「 20cm × 20cm 」程度のやや大きいサイズの折り紙を使うと子どもでも折りやすくなります。

 

スポンサーリンク

遊び方

兜は新聞紙でも作ることができます。

正方形に切った新聞紙を今回紹介した同じ工程で作ると、子どもの頭にすっぽり収まるサイズの兜ができあがります。

 

こどもの日にちなんで、作った兜をクラスの子みんなでかぶって、園内探検をするのも楽しいと思います。