【簡単 折り紙】花束にも!花がかわいいカーネーションの折り方

保育園や幼稚園の子どもでも作れるかわいい花のカーネーションの作り方をご紹介します。

 

折り方はとても簡単なので、花をたくさん作って花束にしても素敵ですね。

大好きなお母さんに感謝の気持ちを届けちゃいましょう♪

 

用意する材料

  1. 折り紙セット

 

用意する道具

  1. はさみ
  2. セロハンテープ

 

スポンサーリンク

カーネーションの折り方【図解】

【1】好きな色の折り紙を用意

最初に好きな色の折り紙を用意します。

今回は2色のカーネーションを作りたかったので全部で4枚の折り紙を用意しました。

 

用意した色は左から順に「赤、ピンク、黄緑、緑」です。

 

 

【2】カーネーションの茎の部分を作る

それでは作りはじめましょう。

最初はカーネーションの茎部分を作ります。

 

今回は茎部分に緑色の折り紙を使います。

 

 

用意した折り紙は裏にして、ひたすらくるくると丸めていきます。

 

 

この時、なるべく細く巻くようにすると折れにくい茎が完成します。

 

折り紙を丸め終わったら最後にセロハンテープでとめます。

 

 

手を離しても戻ってこなければ茎は完成です。

 

 

【3】カーネーションの花の部分を作る

次にカーネーションの花の部分を作ります。

今回は赤色の折り紙を使って作っていきます。

 

 

最初に折り紙を裏返しにして半分に折ります。

 

 

折り紙を半分に折ったらさらに半分に折ります。

 

 

4分の1のサイズになりました。

 

 

4分の1サイズに折ったら、今度は三角に折ります。

 

 

三角に折り紙を折ったら、はさみで折り紙の外側のフチを切っていきます。

 

切る時はギザギザになるように。

こうすると折り紙を開いた時に花らしくなりますよ。

 

 

子どもが切りにくそうにしている場合は、近くの大人が手伝ってあげましょう。

 

子どもでもジグザグに切ることができるはさみも売られていますのでこちらを使うのもおすすめです。

 

 

【4】茎と花を貼り合わせる

茎部分と花部分がそれぞれ完成したら、ふたつのパーツをセロハンテープで貼り合わせます。

 

 

貼り合わせたら、茎の根本のとがっている部分をはさみで切り落とします。

 

 

【5】カーネーションの花の形を整えて完成

ここまでできたら最後にカーネーションの花部分を整えて完成です。

 

 

赤色のカーネーションのほかに、色違いのカーネーションがあると華やかになりますよ。

 

今回はピンク色のカーネーションも作ってみました。

 

 

作り方のポイント

記事の中でもさらっと触れましたが、茎はできるだけ細く丸めると丈夫で折れにくくなります。

 

また花の形を表現するためのはさみの切り込みは、深くしたり浅くしたりしても表情の違う花が楽しめると思います。

 

スポンサーリンク

遊び方

作ったカーネーションは一輪挿しに挿して飾ってもかわいいですし、たくさん作って花束にしても楽しいと思います。

保育園や幼稚園の玄関に飾ったり、保育室や家に飾ってもかわいいですね。