運動会や遊びのリレーで大活躍!保育で使える簡単バトンの作り方

保育園や幼稚園の運動会や遊びのリレー対決で大活躍する、とても簡単なバトン作りのご紹介です。

子どもって不思議なもので、バトン一本持つだけで俄然リレー対決に熱くなります(笑)

 

リレーバトンは3分もあれば作ることができますので、きっと忙しい保育者の強い味方になります。

 

この遊びで得られる経験

  • びのび走る楽しさを味わえる
  • 友だちとリレーをする楽しさを味わえる
  • バトンの上手な渡し方に気付く
  • バトンの上手な持ち方が身に付く
  • リレーで勝つための作戦を考えられるようになる

 

用意する材料

  1. ラップの芯
  2. 好きな色のビニールテープ

 

スポンサーリンク

用意する道具

  1. ハサミ

 

あわせて読みたい記事

使用する道具はこちらのページで詳しくご紹介しています。

 

バトンの作り方【図解】

【1】ラップの芯とビニールテープを用意する

もう本当にシンプルなバトンです。

結論から言いますと、ラップの芯にビニールテープをただ巻くだけです(笑)

 

説明不要ってくらいかんたんに作ることができますが、作り方を解説しますね。

 

まずはバトンになるラップの芯を用意します。

 

 

ちょっとくらいじゃ折れないような、紙がしっかりと厚い芯がおすすめです。

次に好きな色のビニールテープを用意します。

 

 

今回は黄色のビニールテープを用意しましたが、あなたの勤務する保育園や幼稚園のクラスカラーでもオッケーです。

 

【2】ラップの芯にビニールテープを巻いていく

ラップの芯とビニールテープを用意したら、あとは芯にひたすらビニールテープを巻くだけです。

 

 

はい、これで完成です!

時間にして3分もかかりませんでした。

 

なんて簡単なんだ♪ (*^o^*)

 

 

スポンサーリンク

作り方のポイント

ビニールテープは滑り止めの効果があります。

リレー対決を投げかける時期によって、ビニールテープの巻く量を調節するのがポイントです。

 

ビニールテープの巻く量が少なすぎると手から抜けやすいですし、反対に多すぎると次の走者にバトンを渡した時に滑らなすぎて落としやすくなります。

 

何回か巻き方を試してみて、子どもたちに一番最適な巻き方を見つけてください。

 

遊び方

リレー対決をする時はおそらく2チーム以上あると思いますので、用意するバトンも最低2本あるといいですね。

バトンの本数を増やす時は巻きつけるビニールテープの色をそれぞれ違う色にしましょう。