保育園や幼稚園で使える!6月のおたより文例【健康病気系】

6月になると6月4日の「虫歯予防デー」にちなんで、多くの園で歯科健診が行われます。

また気温が高くなり暑くなりやすい時期ですので、食中毒の予防を呼びかけるお知らせも増えてきます。

 

お手紙に掲載するときは関連するイラストやカットを添えてお使いください。

 

歯の大切さを呼びかける時の文例

歯の役割

 

  1. 食べ物を噛みくだき、唾液の分泌をよくして食べ物を消化しやすい状態にします。
  2. 噛むことで舌の使い方を覚えます。
  3. 顔の周りやあごの筋肉を発達させて言葉の発音の発達を促します。

 

そしゃくの大切さを促す時の文例

おうちでも教えてあげよう!そしゃくの大切さ

 

近年、子どもの噛む力(咀嚼力(そしゃくりょく))が弱くなってきていると言われています。

 

よく噛むということは子どもの体にどんな影響を与えるのでしょうか。

 

  1. 口の中が自然に清掃されます。
  2. あごが自然に疲れるので過食を防ぐことができます。
  3. 食べ過ぎなければ胃の負担も軽くなり、よく消化されるようになります。
  4. すくない量で、十分な栄養素が体に吸収されやすくなります。
  5. 唾液がよく出るようになるので、唾液の消化酵素の分泌がよくなります。
  6. 噛みしめる力は意志力、判断力、心房強さなど精神面にも関わってきます。
  7. あごやその筋肉を発達させ、頭部や顔面、あごの骨の形成を手助けします。
  8. 頭のはたらきを良くします。

 

家庭でも食べ物を噛むことの大切さを子どもに伝え、一緒に食育を楽しみましょう!

 

 

スポンサーリンク

虫歯がなぜできるのかを知らせる時の文例

虫歯はどうしてできるの?

 

口の中にもともと住みついている「ミュータンス菌」は、口の中に入ってきた砂糖(糖分)を分解して酸を作ります。

 

この作られた酸によって歯が溶けていく(つまり虫歯になる)と言われています。

 

 

虫歯の予防方法を知らせる時の文例

虫歯を予防しよう!

 

  1. 食べ物をよく噛んで、唾液の出を良くしましょう!
  2. 間食するときは時間を決めて、少量を食べるようにしましょう。
  3. ご飯を食べたあとは歯磨きを忘れずにしましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

歯磨きの習慣をお願いする時の文例

歯磨きの習慣を身につけよう!

 

  1. 食後はかならず歯磨きをしましょう。
  2. おうちの人と楽しい雰囲気で歯磨きをしましょう。
  3. 歯を磨いたあとは磨き残しがないか、おうちの人に仕上げをしてもらいましょう。
  4. 小さい子どもはブクブクうがいで口の中をきれいにしましょう。

 

保育園(幼稚園)でも昼食後の歯磨き指導を行っております。

園と家庭で協力して、子どもに歯磨きの習慣がつくようにがんばっていきましょう!

 

 

梅雨時の健康を呼びかける時の文例

梅雨の時期の子どもの健康

 

梅雨の時期は温度と湿度がともに高くなりがちです。

そのため子どもにもさまざまな影響が出ることが考えられます。

 

毎日を健康に過ごすことができるように、家庭でも日頃から身の回りの清潔を心がけましょう。

 

  1. 朝ごはんをしっかり食べて、水分を十分に摂る
  2. 汗をかいたらタオルできれいに拭く
  3. 濡れた服はそのつど着替える
  4. 毎日の入浴時に肌をきれいに洗う
  5. 部屋の中もこまめに掃除や換気を行う

 

園と家庭が協力して、この嫌な時期を元気に乗り切りましょう!!

 

 

食中毒の注意を促す時の文例

食中毒に注意!!

 

食中毒は6月~9月にかけて多く発生します。

これは細菌の活動しやすい温度と湿度がそろっているためです。

 

食中毒予防のために、毎日のお弁当のおかずは十分に加熱したものを入れてください。

 

またゆで野菜は当日の朝に調理を行い、熱いものと冷たいものは同じ弁当箱に入れないようにしましょう。

 

※たべ終ったあとのお弁当箱の熱湯消毒も忘れずに!!

 

家庭で気をつけてほしいこと

  1. 食材は毎回新鮮なものを用意しましょう
  2. 冷蔵庫に食べ物を詰め込みすぎないようにしましょう
  3. まな板などは調理前に熱湯消毒しましょう
  4. 食べ物は十分に加熱しましょう
  5. 食べる前に必ず手洗いをしましょう

 

 

【おまけ】廃材集めをお願いする時の文例

健康や病気系のお知らせではありませんが、梅雨時の室内あそびを充実させる時のお知らせです。

参考になればと考え、ここで紹介することにしました。

 

家庭の廃材を集めています!

 

6月になると梅雨の時期になるため外で遊べない日も多くなります。

そこで室内での遊びを充実させるために各家庭にある廃材を募集します。

 

集まった廃材は子どもたちが自由に制作あそびをするときに活用いたします。

 

募集している廃材

  • 牛乳パック
  • お菓子の外箱
  • プリンやヨーグルトのカップ
  • 卵や豆腐の容器
  • お惣菜のトレイ
  • ペットボトル
  • ペットボトルのキャップ
  • トイレットペーパーの芯
  • ラップの芯
  • 不要になったボタンやリボン
  • ビールの王冠

 

その他、持参してもよいか迷った廃材は担任までご相談ください。

 

なお衛生面に配慮するため、廃材は各家庭でよく洗ってから子どもにもたせてください。